So-net無料ブログ作成

「明治日本の産業革命遺産」の“世界遺産登録”にまたまた韓国反発!!  [ニュース]

8つの県にある23か所「明治日本の産業革命遺産」世界遺産に登録される見通しとなったことを巡り、韓国政府は、長崎県の端島炭坑など一部の施設では、戦時中、徴用された韓国人が強制労働をさせられていて、歴史の美化につながるとして世界遺産への登録に反対している。
Andysnap_012.png
5日、韓国のニュース番組は次のように伝えた。

 「朝鮮人強制徴用の痛みが残る日本の産業施設が、ユネスコの世界遺産に登録される可能性が大きくなりました。
もう1つの歴史歪曲(わいきょく)です。
私たちの政府は、世界文化遺産登録を防ぐために、総力戦を展開する計画です」とのことです。

これに対し日本政府は、韓国政府が問題としている強制労働が行われた期間は1944年から45年で、今回、日本が申請した期間1850~~1910年と異なると主張しています。

世界遺産への登録は、日本と韓国を含む21か国からなる世界遺産委員会で決定され、話し合いで決まらない場合は多数決となる。
その際は、棄権した国を除く3分の2以上の賛成が必要となる。

 日本政府は引き続き、各国へ理解を求めていく方針だ。

一方、韓国政府は今回登録を勧告された23施設のうち、7つの施設で日本の植民地支配時代に6万人近くの朝鮮半島出身者が強制労働させられたと主張。登録反対を訴えているのです。

 「何で世界遺産に登録されるんですか」(韓国国民)
 「反対です。断固反対です」(韓国国民)

 こうした動きに対し、日本政府の担当者は「対象とする年代や歴史的位置づけ、背景が異なり、本件の遺産的価値とは関係ない」としています。

世界遺産登録勧告から一夜日本各地で喜びの声が
世界遺産登録に大きく前進する勧告から一夜明け、各地では喜びの反応が相次いでいます。








スポンサーリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。